POLLOGEAR ポジョギア|キャンプギア、ハンモックギア、インポート・ビンテージギアを扱う道具店 ―楽しみを広げる道具、道具を使う楽しみ―

    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ
    NOS!! MSR 2010年製<BR>ウィスパーライトインターナショナル<BR>人気の旧型 未使用品<BR>マルチフューエル <BR>ガソリンストーブ

NOS!! MSR 2010年製
ウィスパーライトインターナショナル
人気の旧型 未使用品
マルチフューエル
ガソリンストーブ

24,900(税込)

NEW OLD STOCK ◆ MSR WHISPERLITE INTERNATIONAL


2010年製 ウィスパーライト インターナショナル
刻印は、本体 2010年 8月 / ポンプ 2010年 6月

旧型は2011年までですので、最終ぐらいのモデルになります。
この丸みのある旧型がいいですよね。

ウィスパーライトインターナショナルはマルチフューエルストーブです
下記の燃料が使用できます。
ホワイトガソリン・・・白ガス
無鉛ガソリン・・・赤ガス 自動車ガソリン レギュラーガソリン
灯油・・・ケロシン

付属品も揃っています、BOXは痛みあります。
燃料ボトルは別売りです、MSR専用ボトルをお使いください。
 

サイズ ---
重量 350g
素材 ステンレス他
メーカー MSR
生産国 USA
備考 未使用品

szcd:100

数量

〇在庫あり

ちょっとクセがあるけれど、ずっと付き合っていきたい、使う楽しみ、愛したくなる魅力に溢れた道具

新しい道具を使い始めるのにはいくつか理由があると思いますが、ウィスパーライトの場合、単純に使いこなしてみたい、という憧れからでした。

燃え上がる大きな赤火、炎上する、液体が漏れる…そんな印象を持っていましたが、それは相手のことをよく知らないための勝手な思い込みでした。

説明書を読むのは少し面倒だけれど、相手のことをちゃんと知っていれば怖くない(隣に道具愛好家がいて、じっくり教えてくれる環境があればなおグッド)。
あとは、負担をかける使い方をしていないか?という、相手へのいたわり。

 

さていこう!

ポンピングをして圧を加え、
バルブを開いてガスをそっと出し、カップにプレヒート用の燃料をため、バルブを閉める。
ボトルからの漏れはないか?、OK!、ではカップ内の燃料に点火。
赤い炎が静かに立ち、じっと待つ。
ジェネレーターチューブが暖められ、次第にシューっという音が立ち始める。
炎が小さくなってきたのでここでバルブを開き、青く安定した炎になるまでさらにじっくりと待つ。

 

液体が気化されると安定した青い炎になる、液体が気化されるためには…なんて、相手のことをちゃんと知ってあげると付き合い方も変わってくるようです。

便利・簡単を容易に上回るほどの愛すべき魅力の詰まった道具、こんなにも使う楽しみに溢れた道具は、いまの私はまだ他に知りません。

春・夏・秋・冬、どんな活躍をしてくれるのか、相手のことを知りながら、これからもずっと付き合っていきたい。

writing / kyo

このアイテムを見ている人は、こんなアイテムを買っています

  • POLLO Products

  • Kula Cloth® Japan

  • Hammocks

  • Tents/Tarps

  • Cotecote

  • Lanterns